AIを活用した業務効率化の事例5選!導入する際のポイントなども解説

人手不足の解消や働き方の改革が企業の重要課題となっている中で、注目を集めているのがAIです。

近年ではカスタマー業務にAIチャットボットを活用する企業が目立ってきていますが、これら以外にも様々な業務にAIが活用されており、今後様々な分野で導入する企業が増えてくるでしょう。

今回はAIを活用した業務効率化の事例や導入する際のポイントなどを解説します。

今回のポイント
1.AIを活用すれば人手不足が解消され生産性やワークライフバランスが向上する
2.AIが活用されている分野を把握して正しく用いることが大切
3.AIチャットボットなら無料で利用できる「Orange Bot」がおすすめ

 AI導入が進む背景とは

AIの導入が進んでいる背景は人手不足の解消と生産性の向上の2つです。

少子高齢化による働き手の減少と若者の都市部への流出などによって、地方の中小企業を中心に慢性的な人手不足が深刻化しています。

業務量が変化しないまま人手が減少してしまうと、1人あたりの業務量が増加してしまいますので、長時間労働になりやすいです。

このような状況下で活用したいのがAIです。

人がやらなくてもよい業務を任せることができれば、無駄な業務を省けるので1人あたりの業務量を減らせて人手不足を解消できます。

業務量が減れば、重要な業務に集中することができるので、労働時間の短縮にもつながるでしょう。

労働時間が短縮すれば、その分余裕が生まれますのでワークライフバランスが向上し、生産性も高められます。

生産性向上

 AIが活用されている分野

加速度的に進歩しているAIですが、具体的にどのような分野で活用されているのか知らない方も多いでしょう。

様々な分野で活用されているAIですが、代表的な活用分野は下記の4つです。

・画像・音声認識

・機械の制御

・言語の解析

・予測や原因追及といった分析

上記のうち、「画像・音声認識」と「言語の解析」は日常生活でも見られるようになってきました。

例えば、画像認識はWeb口座開設の本人確認に活用されており、音声認識はGoogle Homeといったスマートスピーカーなどに活用されています。

「言語の解析」は言語を処理技術によって、AIと人間の自然な会話が可能となりました。

この技術はチャットボットなどに活用されており、コールセンターをはじめとしたカスタマー対応業務に導入されています。

AIを活用した業務効率化の事例5選

日常生活であまり触れることがないたけで、AIを活用した業務効率化の事例は徐々に増えています。

ここでは業務別にAIを活用した5つの事例を見ていきましょう。

営業業務の事例

CRMやSFAツールに収集したデータをAI分析にかけることによってさらなる業務効率化が可能です。

AIを活用することによって、成約率の高い顧客の洗い出しや売り上げ予想、顧客とのコミュニケーションといった営業業務を自動化ができるようになります。

これらの業務を自動化できれば、営業担当者は効率よく商談が行えて、顧客とのやり取りに集中できるでしょう。

人事業務の事例

人事業務にAIを活用すれば、エントリーシートの審査が容易となり採用担当者の負担を軽減できます。

既存社員への業務振り分けにも活用できるので、適材適所の人材配置が可能となるだけでなく、分析によって公平な人事評価や給与決定が下せるため、社員の満足度もアップするでしょう。

カスタマー対応業務の事例

チャットボットで問い合わせの対応を行っているサービスを見かける機会が増えてきているように、カスタマー対応業務はAI導入が活発です。

問い合わせ頻度が多いものをチャットボットで巻き取ることによって、簡単な対応をしなくてすむので、オペレーターは高度で複雑な問い合わせに集中して取り組めるようになります。

業務効率化ができれば問い合わせから解決までの時間を短縮できるので、顧客満足度の向上につなげられる他、多くのオペレーターを待機させておく必要がなくなるので、人員規模を縮小して人件費も削減できるでしょう。

設備の保守管理業務の事例

設備の故障や保守、管理にもAIが活用されています。

機器が故障した場合、従来は修理担当者が現地に赴いて故障機器の内部を目視で確認しながら故障個所を特定する必要がありました。

しかし、複雑な故障であるほど不具合を見つけるのに時間がかかりますし、膨大な数の製品を取り扱っている場合は、製品ガイドなどと照らし合わせて故障個所をチェックしなければなりません。

AIを活用すれば、故障した機器の内部をスキャンして故障個所の特定が可能となり、点検時間の大幅な短縮が可能です。

AIの自動化によってメンテナンス業務を効率化できれば、人員が少なくても迅速な保守管理が可能なるだけでなく、担当者の技能ムラもなくせるでしょう。

物流関係業務の事例

カスタマー業務と同様にネット通販によって業務負担が増加傾向にある物流関係業務もAI導入が活発です。

AIの活用によって商品の積み下ろしや仕分けなど倉庫管理などを含む物流関係業務を自動化に成功しています。

人間が行うよりも迅速かつ正確に行えますし、少ない人手で倉庫の管理が行えますので、人員の大幅な縮小が可能となり人件費などのコストも削減できるでしょう。

ポイント

AIを導入する2つのポイント

ただAIを導入しても十分な業務効率化は期待できません。

そのため、AIを導入する場合はここで紹介する3つのポイントを押さえておく必要があります。

ゴールを明確にして課題を洗い出す

AIを上手に活用して業務効率化を図るためには、自社のゴールを明確にしたうえで、課題点を洗い出しておかなければなりません。

自社のゴールが明確になれば、ゴール達成に向けてどのような課題があるのか、どのような改善を施していく必要があるのかを効率よく見つけ出せます。

そのうえでAIの導入が必要なのか判断することが大切です。

分析するためのデータ量を把握しておく

データ分析にAIを活用する場合は、膨大なデータを準備しておかなければなりません。

そのため、AI分析できるだけのデータ量が自社にあるかどうか、導入前に把握しておく必要があります。

万が一、データ量が少ない場合は十分な量が蓄積してから導入した方がよいでしょう。

また紙で情報管理している状態でAIを活用している場合、わざわざデータに変換する手間がかかりますので、AI導入前にITツールを活用してデータ化することをおすすめします。

AIチャットボットなら「orange bot」

問い合わせが増えているものも人手不足で十分な対応ができないできていない場合やサイトの離脱率を低下させて成約につなげたい場合は「orange bot」を利用するとよいでしょう。

「 orange bot 」は簡単に導入できて、無料で利用できるAIチャットボットです。

無料ユーザー登録をして、チャットボットを運用したいサイトを登録すれば、自動でサイト内をクローリングして回答一覧を作成してくれます、

作成された回答に質問を登録→学習→チャットテストを繰り返すことで、精度の高いチャットボット作成が可能です。

シンプルな機能で管理画面からの操作も簡単ですので、ITが苦手という方も問題なく利用できるでしょう。

今回のまとめ

今回はAIを活用した業務効率化の事例や導入する際のポイントなどを解説しました。

人手不足や生産性の改善は企業の重要課題であり、AIを活用すればこれらの課題を解決するだけでなく、ワークライフバランスの向上にもつながりますので働き方改革も推進できます。

しかし、業務内容によって活用できるAIは様々ありますので、自社のゴールを明確にしたうえで課題を洗い出し、自社の課題を改善してくれるAIを導入しなければなりません。

手間はかかりますがAIを効果的に活用するためには、AIと自社課題を理解しておくことが大切です。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です