オンライン集客のアイデア3選!集客ポイントやITツールなども紹介

インターネットの活用が一般化した現代では、ネット広告やSNSなどによるオンライン集客方法が誕生し、集約方法は多様化しています。

多様化した集客方法から最適な方法を選ぶためには、ユーザーの購買行動をしっかりと分析したうえでユーザーの目が惹くようなアイデアが欠かせません。

今回はオンライン集客のアイデアや集客ポイント、ITツールなどを紹介します。

今回のポイント
1.購買行動を分析したうえで自社に合った集客方法を選ぶことが大切
2.オンライン集客が主流だが場合によってはオフライン集客の方がよい
3.集客アイデアが浮かばない場合は、季節のイベントや世間で話題になっているものを盛り込む

 集客を効果的に行うためのポイント

集客を効果的に行うためには、ユーザーの購買プロセスを理解しておかなければなりません。

ユーザーの購買行動は時代によって変化を遂げています。

インターネットやスマートフォンが普及した現代では、ユーザーはSNSやWebサイトを介してした購買行動が当たり前となっていますので、SNSやWebサイト、ネット広告を活用した方が集客しやすいでしょう。

ただ塾やスポーツ教室などのように地域を限定して集客をする場合には、新聞広告やチラシなど従来の集客方法が有効です。

以上の点から扱う商品やサービスによって、最適な集客方法は異なりますのでユーザーの購買行動を把握したうえで自社にあった集客を行うようにしましょう。

ポイント

 オンライン集客とオフライン集客の違い

インターネットやスマホの普及によって集客方法は多様化しています。

様々な集客方法が誕生していますが、集客方法の種類はオンライン集客とオフライン集客の2種類です。

オンライン集客とはインターネットを介した集客方法で、ネット広告やWebサイト、SNS、メールマガジンなどがあります。

オフライン集客とはインターネットを介さない昔からある集客方法で、チラシや新聞広告、街頭看板、店頭POPなどがあります。

幅広い方に情報を発信する場合はオンライン集客がおすすめですが、地域を絞ったり店内での訴求力を高めたりしたい場合にはオフライン集客が有効です。

自社の商品やサービスを見極めたうえで、集客方法を使い分けることで高い訴求力を得られるでしょう。

 オンライン集客のアイデア3選

今回はオンライン集客がテーマとなっていますので、ここではオンライン集客に絞ってアイデアを5種類紹介します。

オンライン集客のやり方やアイデアがわからないという方はぜひ参考にしてください。

オンラインサロンの運営

オンラインサロンは有料の会員制コミュニティで、近年注目を浴びているオンライン集客アイデアです。

有料サービスですので発信者は質の高い情報を提供しますので、ユーザーはインターネットでは収集しにくい情報を手に入れられます。

DMMオンラインサロンやお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣氏が運営している「西野亮廣エンタメ研究所 – Salon.JP」です。

SNSの活用

Twitterやfacebook、InstagramなどのSNSを活用するのもアイデアとして挙げられます。

例えば、Twitterやfacebookは情報の拡散力が非常に高いSNSですので、毎日魅力あるコンテンツを投稿していくことでフォロワーという形で自社のファンを増やしていけます。

フォロワーが増えれば拡散力が増しますので、それだけ多くのユーザーに情報を届けられますので集客しやすくなるでしょう。

Instagramは若い女性が中心のSNSですが、男性や中高年の男女の利用も増えていますので、魅力的な写真を掲載するともにターゲットにあわせたハッシュタグの活用やストーリーズなどの機能を利用すると集客しやすくなります。

効果的に運用できれば、集客に限らず購買にもつなげられるでしょう。

近年では上記以外にもLINEやYouTubeの活用も増えていますので、特徴を理解して自社にあったSNSを利用してください。

ランディングページによる集客

ランディングページとはネット広告をクリックした時に最初にアクセスするページのことで、営業トークを1ページでまとめたような訴求力の高さが特徴です。

魅力的なランディングページを作成できれば、集客したユーザーを逃すことなく成約につなげられます。

ランディングページの効果を最大限高めたい場合は、ネット広告と組み合わせて運用するとよいでしょう。

選択

オンライン集客のアイデアに迷ったら

とりあえずオンライン集客をはじめるということであれば、季節のイベントなどを活用してみてください。

正月や節分、バレンタイン、ひな祭り、七夕、ハロウィン、クリスマスなど季節ごとに様々なイベントがあります。

これらのイベントごとに関心を寄せているユーザーは非常に多いため、イベントを活用すれば目にとまりやすく集客しやすくなるでしょう。

イベントに限らず、SNSなどで話題になっているものや興味のあるものを活用すると目にとまりやすいのでぜひ活用してみてください。

オンライン集客で活用できるツール3選

アイデアを紹介したところで、ここではオンライン集客で活用できるツールを3つ紹介します。

各ツールの特徴や特性を理解して上手に活用してください。

アクセス解析ツール

Webサイトやランディングページ、SNSを活用する場合、訪問率やクリック率、ページ滞在時間などを可視化できるアクセス解析ツールは欠かせません。

Webサイトやランディングページの場合は、無料で利用できるGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールがおすすめです。

SNSはTwitterアナリティクスやInstagramアナリティクスなどSNSごとにアクセス解析ツールがあるので活用しましょう。

オンラインイベントツール

オンライン集客でオンラインサロンやウェビナーを活用する場合は、zoomやGoogle Meetなどオンラインイベントツールは必須です。

ただこれらのツールは種類によって機能が異なりますし、利用コストや接続できる最大数なども様々ですので、イベント規模や必要な機能などを明確にしたうえで自社にあったものを選ばなければなりません。

MAツール

MAツールとはマーケティングオートメーションと呼ばれるもので、リード(見込みユーザー)・新規ユーザーの獲得やリードの育成などの業務をサポートしてくれるツールです。

ツールを上手に活用すれば、適切なタイミングでユーザーにアプローチできますので、効率的な集客が行えます。

また営業支援ツールのSFAや、顧客管理ツールのCRMと併用することで、顧客対応を高められるでしょう。

流れ的には、MAツール(集客)→SFA(営業)→CRM(顧客管理)の順で活用するとよいです。

今回のまとめ

オンライン集客のアイデアや集客ポイント、ITツールなどを紹介しました。

インターネットの普及によって集約方法が多様化し、顧客の購買行動は大きく変化しています。

そのため、効率的に集客を行っていくためには、購買行動をしっかりと分析したうえでオンライン集客とオフライン集客を上手に使い分けなければなりません。

オンライン集客の場合はデータとして集客率や成約率などを数値化して可視化できるため、データを集計・分析すれば今後の集客効率を高める改善点を洗い出せるだけでなく、新しいアイデアを見つけるヒントにもなります。

そのため、オンライン集客を本格的にはじめるということであれば、ITツールの導入・活用もセットで検討するようにしましょう。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です