無料ホームページのメリット・デメリットを解説

現在では自社のホームページを開設・所有するのは当たり前の時代となりました。

近年では安価で簡単にホームページが作成できる無料ホームページ作成サービスも増えています。

費用を抑えてホームページを制作したい人にはとっては利用的なサービスといえるでしょう。

しかし無料ホームページはコストを抑えてホームページ作成できるなどのメリットがある反面、機能制限などのデメリットも多いです。

今回は無料ホームページのメリットとデメリットを解説します。

今回のポイント
1.無料ホームページは素人でも簡単にホームページ作成できる
2.費用と時間をかけずにすぐに情報の公開が可能
3.ホームページの目的によっては作成しても目的を達成できない可能性がある

無料ホームページの概要

無料ホームページとは名称のとおり、無料で作成したホームページです。

サービスに無料登録すれば誰でも簡単に作成できます。

現在では様々な無料ホームページサービスがありますので自社に合ったサービスを選ぶとよいでしょう。

従来ならば高コストのホームページ作成をサービスとして無料提供できる理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は有料版や追加機能などのサービス料金です。

無料で作成できますが全ての機能を等しく利用できるわけではありません。

例えば、容量アップや問い合わせフォームの設置などのカスタマイズ機能を有料オプションにすることで利益を得ています。

2つ目は広告収入です。

無料ホームページの多くは自動で広告が掲載されるためその広告の収入から利益を得ています。

メリット

無料ホームページのメリット

ここでは無料ホームページでホームページを作成するとどのようなメリットがあるのを紹介します。

どのようなメリットがあるのか1つずつ見ていきましょう。

費用を抑えることができる

無料ホームページでは費用を抑えて抵コストでホームページ作成が可能です。

料金に違いはありますが制作会社にホームページ作成を依頼した場合には必ず制作費用がかかります。

質やホームページの規模によっては100万円以上の制作費用がかかる場合もあるでしょう。

また写真の入れ替えや情報の追加などホームページの更新作業を依頼した場合にも更新作業の費用がかかります。

日頃の保守・点検を任せる場合には月額で料金を支払わなければなりません。

無料ホームページであれば全て自社で行えるため、費用を大幅に抑えられます。

素人でも簡単に作成可能

ホームページの作成にはHTMLやドメインといった専門スキルや知識に加えて、競合ホームページのリサーチなど様々な作業を行わなければなりません。

見やすい色合いにするなどユーザーの利便性も考慮する必要があります。

無料ホームページの場合は用意されているテーマやテンプレートを選択し、それに沿って直感的に作業するだけでホームページの作成が可能です。

素人でも簡単に作成できるためホームページ作成に詳しくない社員がいなくても問題ありません。

ひらめき

ホームページ完成までが早い

無料ホームページであれば直感的に作成できるため一通りの操作さえ理解していればすぐに完成できます。

制作会社に依頼すると打ち合わせやデザインなどのすり合わせを行いながら作成していくため早くても数日~1ヶ月程度はかかるでしょう。

無料ホームページであれば早ければ30分程度で完成するためいち早く情報公開が行えます。

情報の追加や更新も簡単

無料ホームページであれば情報の追加や更新作業を簡単に行えます。

制作会社に依頼した場合には打ち合わせなどを行った上で更新しなければならず即座に情報の更新・公開ができません。

無料ホームページであれば打ち合わせなどを行う必要がないためスムーズな更新を行えるでしょう。

無料ホームページのデメリット

無料ホームページのメリットを紹介しましたが、デメリットもあります。

ここでは無料ホームページのデメリットを見ていきましょう。

デメリット

サービスの終了

無料ホームページの場合はサービスが終了すると同時にホームページが消滅する可能性があります。

消滅してしまうとまたイチからホームページを作成しなければなりませんし、従来のホームページが利用できなくなった時の機会損失は大きいでしょう。

ホームページは集客の要となるツールです。

自社の財産としてホームページを作成する場合には無料ホームページはおすすめできません。

広告の掲載

前述のとおり、無料ホームページサービスは広告から収益を得ているためサービスによってはホームページに広告が掲載されてしまいます。

不要な広告掲載はユーザーの利便性を損なう他、競合他社の広告が掲載されてしまうとユーザーが他社に移ってしまうなど機会損失の可能性もあるので注意してください。

SEO対策がしにくい

無料ホームページの1番のデメリットはSEO対策がしにくい点です。

SEO対策とは「Search Engine Optimization」の略称で日本語ですと検索エンジン最適化と呼ばれています。

効果的にSEO対策を行うことで検索順位の上位にページ表示させることができますが無料ホームページ場合はSEO対策がしっかりと行えません。

特に注意しなければならないのはドメインです。

無料ホームページの場合は無料ドメインを利用することが一般的ですが無料ドメインの場合は同じサービスを利用しているホームページのドメインと重複しています。

Googleはドメインでサイトを判断しているためいくら質の高いサイトを作成してもドメインが重複していれば全て同じサイトだと認識されて上位表示されにくいです。

集客や販促目的にホームページを作成した場合ですとアクセス数が伸びないため目的が果たせないという可能性もあるでしょう。

似たようなデザインになる

用意されたテンプレートやテーマを利用するため同じテンプレートで作成されたホームページがあれば似たようなデザインとなるためオリジナリティに欠けてしまいます。

テンプレートがあることで素早く作成できるのが無料ホームページの強みですが反対にデメリットにもなるので覚えておいてください。

WEBデザイン

制限によって全機能利用することができない

無料ホームページは全ての機能をフル活用することはできません。

機能によっては有料オプションになっており月額・年額で料金を支払わないと機能が利用できない場合があるので注意しましょう。

有料オプションとなっている代表的な機能は次のとおりです。

  • 独自ドメインの取得と利用
  • 広告掲載をなくす
  • 問い合わせフォームの利用
  • ショッピングサイトの買い物カート昨日
  • ページ上限
  • データ容量の制限

どの機能に制限があるかはサービスによって異なりますが自由にカスタマイズできないので注意してください。

わからないことがあってもサポートしてくれない

サポート体制がない点も無料ホームページのデメリットです。

操作方法がわからない場合やカスタマイズの有無、ホームページが表示されないトラブルなど聞きたいことがあっても問い合わせができません。

仮にサポートがあったとしても有料会員と比較すると体制が充実していない場合があるので注意が必要です。

今回のまとめ

無料ホームページのメリットとデメリットを解説しました。

無料ホームページであれば費用をかけずに簡単にホームページを作成できます。

費用を抑えたいという人や自社内でホームページ運営を行いたいという人は利用してみてもよいでしょう。

しかしSEO対策が行えない場合や利用したい機能が制限されているといったデメリットもあります。

サービス終了によってホームページが消滅するおそれもありますので無料ホームページの利用は慎重に検討してください。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。