ランディングページ(LP)とはなに?注目される理由や基本構成などを解説

スマホの普及やITの進歩によってインターネットによる情報収集は最早当たり前の時代となりました。

そのような時代にあってWebマーケティングは新たな局面を迎えており、近年需要の増加によって一般でも聞く機会が増えたのがランディングページ(LP)です。

WebマーケティングやWeb広告の分野では常識となっているランディングページ(LP)ですが名称が一人歩きしておりきちんと理解している人はまだ少ないといってよいでしょう。

しかしWebで集客したユーザーを無駄にすることなく成約につなげるLPはWeb売上において欠かせないツールであり中々売上に直結しないと悩んでいる方はすぐに利用を検討してもよいでしょう

当記事ではWebの売上には欠かせないランディングページ(LP)の概要や基本構成などについて解説します。

今回のポイント
1.ランディングページの本来の意味は最初に着地するページ
2.Webマーケティングなどの分野ではユーザーのアクションに誘導するような商品紹介に特化しているページことを指す
3.LPの大きな目的はWeb集客を無駄にせず売上アップを狙うこと

 ランディングページ(LP)の種類について

「Landing page」という言葉を省略して「LP」といわれておりランディングには着地という意味があることから最初に着地するページすなわちユーザーが最初にアクセスして閲覧するページという意味です。

しかしランディングページ(LP)は広義と狭義の2通りの意味があるためここではそれぞれ意味を紹介します。

①広義

広義として扱われるランディングページは前述のとおりユーザーが最初にアクセスして閲覧するページです。

1ページで情報をまとめられているサイトをLPだと思っている方も多いですが「ユーザーが最初にアクセスして閲覧するページ」がLPですので間違えないようにしましょう。

②狭義

狭義として扱われるのはユーザーに商品の購入や問い合わせなどを目的にしてアクションに誘導するように商品紹介に特化しているページです。

WebマーケティングやWeb広告の分野においては狭義をLPと認識している場合が多いので間違えないようにしましょう。

ネット販売

 ランディングページ(LP)が注目される理由

LPが注目されている理由は大きく分けて2つあります。

1つ目が従来のページでは成しえなかった売上アップが期待できるからです。

LPは商品紹介に特化してユーザーに購入や問い合わせを促すことが目的ですので営業マンのトークのように順序よく必要な情報を1ページにまとめているため効率的にユーザーへ情報を伝えられます。

従来のページと違って注文や問い合わせフォームへのアクセスしかないためアクションにつなげやすいためイチからホームページを制作するよりも遥かに素早く売上アップを期待できるでしょう

2つ目がサイト集客を無駄にせず売上につなげるためです。

LPはWeb広告などでユーザーを集客した際にアクセスさせるページですが例えば、Web広告にアクセスしても魅力的なページでなければ売上につながらないためせっかく集客しても無駄になってしまいます。

集客したユーザーを無駄にせず購入や資料請求を促すためには魅力的で売れるLPが欠かせません。

 ランディングページ(LP)の基本構成について

LPはただやみくもに作成しても意味がありません。

ユーザーを購入や問い合わせに結びつけるのが最終目的ですので情報を順序良くかつ分かりやすくまとめておく必要があります。

ここではLPの基本構成について見ていきましょう。

①ファーストビュー

ユーザーの掴み部分にあたりここでユーザーが求めている情報を提示できなければ直帰される確率が高まるため非常に重要です。

また内容が検索キーワードや掲載元のWeb広告と違う場合も直帰される確率が高くなるため情報の整合性も意識しておく必要があります。

キャッチコピー領域とも呼ばれており文字の大きさや分かりやすさを意識しながら魅力あるキャッチコピーや画像を掲載しなければなりません。

ユーザーが閲覧して即決できるように注文や問い合わせフォームにいけるボタンを設置しておくとよいでしょう。

②ボディ

この部分では商品やサービスを紹介しながらどのように役立つかをアピールするとともにデータや口コミなどを掲載しながらユーザーに訴求していきます。

ファーストビューでユーザーの心を惹きつけた段階で「こんな悩みはないか?」と共感意識を持ってもらいサービス内容の紹介からフォームへのアクセス、メリットの紹介、導入した人の口コミや実績を掲載して訴求力を高めていくとよいでしょう。

③クロージング

LPの締め部分でありユーザーにアクションを起こさせるための動機づけと期間限定アイテムや割引キャンペーンなどを用意してアクションの後押しを行います。

アクション領域ともいわれており「問い合わせ」や「注文はこちら」など具体的に提示することが大切です。

また離脱率を減らして機会損失しないためには申し込みフォームの入力を少なくすることやページ内に申し込むフォームを設置することで申し込んでみようかなと思ったユーザーが手間なく申し込みできるように最適化しておくことが大切です。

売上アップ

ランディングページ(LP)で売上アップさせるポイント

LPで売上をアップさせるポイントは2つあります。

1つ目はファーストビューにおいてインパクトがあり訴求力の高いアイキャッチを制作することです。

ユーザーはファーストビューつまり最初にページを見てわずか3秒で直帰するか読み進めるかを判断しています。

たった3秒でユーザーの心を掴むためには心に響くキャッチコピーや読み進めたいと思うようなインパクトのあるアイキャッチを制作して掲載しておかなければなりません。

2つ目はユーザー目線に立って情報をまとめておくことです。

ユーザーに効果的にアピールするためには利用するとどのような効果があるのか説明した上で商品の内容を紹介しなければ訴求力は高まりません。

また商品やサービスに対してユーザーが不安や疑問を持つと申し込みにつながらないので持ちやすい不安や疑問を解消するように口コミといった利用者の声やQ&Aは必ず掲載するようにしましょう。

ユーザー目線に立ったLPを制作すれば売上アップにつなげられます。

PDCA

ランディングページ(LP)にはPDCAが不可欠

LPは制作してネット上へ公開したら終わりではなく運用リソースを活用しながらより売上や申し込みアップできるように改善していかなければなりません。

運用リソースとして最適なのが「PDCA」と呼ばれるサイクルで「Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」を繰り返しながら最適化していく業務改善方法です。

ターゲット層や競合他社を明確にしてPDCAを行いながらLPを運用することでより大きな効果を期待できるでしょう。

今日のまとめ

ランディングページ(LP)の概要と利用するメリット・デメリットを解説しました。

スマホの普及やインターネットの活用が当たり前となった現代ではWeb広告で集客して売上を得るのは常識といってよいでしょう。

Web広告で集客した見込み客を取り込むためにはLPが必須でり魅力的なLPを制作することができれば売上は大幅にアップできる可能性があります。

しかしただやみくもにLPを制作するのではなくユーザーが申し込みたいと思えるような紹介ページの構成はもちろん公開後も売上をアップできるようにPDCA回すなど運用リソースも準備しておかなければなりません。

手間やコストはかかりますが効果を高められれば売上アップにつながりますので現状Web集客が上手くいっていなくて悩んでいる方はLPを利用してみてください。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。