Web担当者の役割とは?初心者が押さえておくべき点や注意点を解説

あなたが会社でWeb担当者になった場合一体どうしますか?

Web担当者と言っても仕事の幅は広くどこから手をつければいいかわからない人が多いです。

Web担当者に抜擢された際知識もないため不安に感じる人は多いでしょう。

会社でWeb担当者を任された時に困ることがないように、当記事ではWeb担当者の役割や押さえておくべきマーケティング戦略、やっておくべきことを紹介します。

今回のポイント
1.Web担当者の業務は多岐に渡り明確に定義することができない
2.自社サービスを理解することで競合他社との比較が明確になり、Webサイトをより有効活用できる
3.社内の協力が必要不可欠な業務

Web担当者の役割は様々

Web担当者は会社の中でWebを用いて、業績を上げるために様々なアクションを取る人を表します。

Web担当者の役割は様々で、明確な業務の定義はされていない場合が多いです。

会社によって業務内容やWebの使用目的が異なるため、明確に定義されません。

インターネットが普及した現代において会社の中でWebを活用することは必要不可欠です。

会社の中でインターネットを上手に活用していく中心がWeb担当者です。

Web担当者になって最初に把握すべきこと

Web担当者になった方の中には、特段Webについて詳しくない方や少しの知識しかなく業務を行えるか不安に感じている方もいるでしょう。

業務の定義が不明確かつ幅がかなり広いため、Web担当者になった際に何から把握すればいいのかわからない人もいます。

そこで困ることがないように、ここではWeb担当者になって最初に把握すべきことを紹介します。

担当者

サイト目的

会社が運営するサイトの目的を明確にしましょう。

サイトは会社によって目的が様々です。

例えば「自社ブランドの宣伝に使いユーザー数を増やしたい」「自社のことをさらに知ってもらいたい」などの目的が考えられます。

会社が複数のサイトを運営している場合は目的が異なるので気をつけてください。

会社が運営するサイトの目的を知っておくことで、サイトの目的に沿った業務やサイトの管理を行えるでしょう。

運営体制

サイトをどんな運営体制で管理しているのか把握しましょう。

会社のサイトは複数名や様々な部署で管理されている場合が多いです。

「何名で自社のサイトを管理しているのか」「どんな人が運営をしているのか」などを把握しましょう。

あなたがWebサイトの管理に自信がなくても、運営のメンバーにWebに詳しい方がいると心強いです。

サイトの管理や更新方法を教えてもらいながら業務を行えるので、業務を覚える効率が上がります。

自社Webサイトの運営体制を理解できていると、業務をより円滑に行うことができるでしょう。

競合

競合他社の動向

Web担当者になった場合の競合他社の動向を把握しましょう。

競合他社と比較する場合は「どうすればお客様の役に立てるのか」という視点を持つことが重要です。

競合他社が運営しているサイトと自社のサイトのデザインやサービス内容、品質などを比較することで、競合他社にはない自社の強みに気づくことができます。

お客様目線を持ちながら競合他社と比較を行うことで、自社の強みやサービスについてより詳しくなれます。

Web担当者が押さえておくべきマーケティング戦略

Web担当者になった場合業績アップのためにマーケティング戦略を押さえておく必要があります。

WebサイトやSNSを活用したマーケティングは現代では必要不可欠な要素ですが、Webサイトをどのように活用して、マーケティングを行えばいいかわからない人も多いでしょう。

業績アップできるように、ここでは押さえておくべきマーケティング戦略を紹介します。

マーケティング

ポストアクセス

ポストアクセスとは再び自社のWebサイト訪問してもらえるようにする戦略を指します。

一度自社サイトに訪れたユーザーに訪問してもらうには、飽きさせないことが重要です。

例えばSNSなどの他の媒体からの発信を増やすことやWebサイトを定期的にアップグレードするなどの方法が挙げられるでしょう。

SNSでの発信やWebサイトのアップグレードを行うことで、一度訪問したユーザーも新鮮な気持ちで見ることができ、徐々に顧客として定着していきます。

Webサイトの常連となってもらえるようにユーザーを飽きさせない工夫をしましょう。

オンアクセス

オンアクセスとは自社のWebサイトを訪問したユーザーを、サービスを購入するために誘導して顧客にすることを指します。

具体的な方法として、ユーザーのWebサイトへのアクセス状況や閲覧方法を把握しましょう。

ユーザーのアクセス状況や閲覧方法に合わせて、サイトの内容やLPを新規作成します。

自分にあったWebサイトが表示されるため、ユーザーはサービスを購入する可能性が高くなるのです。

プレアクセス

プレアクセスとは他の媒体から集客を行う方法を指します。

プレアクセスで使うのは、自社のSNSアカウントによる発信や広告バナーが主流です。

他の媒体を用いて自社のWebサイトへユーザーを誘導できると、閲覧数は増加するでしょう。

自社のサービスをユーザーに知ってもらうためには、認知度を高めることができるプレアクセスが重要なのです。

チェックリスト

Web担当者がやっておくべきこと

Webサイトの活用方法やマーケティング戦略を把握することはかなり大切ですが、Web担当者がやっておくべきことは他にも数多くあります。

Webサイトの運営を行うのは担当者の自分1人だけではないので、より働きやすい環境づくりが必要になるでしょう。

働きやすい環境を作るためにやっておくべきことを紹介します。

社内環境の整備

Web担当者になったら社内環境の整備を行いましょう。

社内環境の整備とはWebサイトの重要性を社内で共有することを意味します。

例えばWebサイトの重要性を多くの社員が理解していない場合、社内の協力を得ることは難しくなり業績アップが見込めません。

反対にWebサイトの重要性を多くの社員が理解していると、社内からの協力体制を得られるようになり業務が楽になります。

Webサイトは会社のイメージを左右する重要なものなので、社内で重要性を共有し気持ちよく業務を行える環境を作りましょう。

社内でコミュニケーションを取るようにする

社内でコミュニケーションを積極的に取るようにしましょう。

Webサイトをより良いものにしていくには、多くの社員の協力が必要不可欠です。

Webサイトの更新や活用は担当メンバー内で行うので、比較的狭い範囲でのコミュニケーションいなってしまいます。

しかしコンテンツ制作を行う場合は、営業担当の顧客などにインタビューを行う場合もあるので、多くの社員とコミュニケーションを取り関係を構築していると、業務を円滑に行えるでしょう。

Web担当者だけの情報で質の高いWebサイトを作るには限界があるので、社員の協力を得られるように、コミュニケーションを取るようにしましょう。

Web担当者が複数いれば更新担当を決める

Web担当者が複数人いると更新担当を決められます。

更新担当がいるとWebサイトの更新頻度の低下を防ぐことができるでしょう。

チーム内で更新担当を決め、業務を細分化することで効率的に業務を行うことができます。

Webサイトの更新頻度を保つために、更新日のスケジュールの共有や目標を確認し合うことが重要です。

スケジュールの共有や目標を確認し合うことで更新忘れを防ぐことができるでしょう。

今日のまとめ

ここまでWeb担当者の役割や押さえておくべきマーケティング戦略、やっておくべきことを紹介しました。

Web担当者の業務は1人で行うことは難しく、多くの社員の協力が必要不可欠です。

1人で業務を行わないように、日頃からコミュニケーションを取り業務を細分化することが重要になります。 Webサイトをより良いものにできるようにマーケティング戦略などやっておくべきことを把握しておきましょう。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。