SEO対策ってなに?概要やポイントなどをくわしく解説

自社でWebサイトを所持・運営していればSEO対策は必要不可欠なものですがあまり理解されていない方も多いでしょう。

SEO対策は集客と成約につながるために上位表示されるために必要ですが素人が一朝一夕できるものではありません。

そのため自分で行う方法と業者に依頼する方法の2通りがあります。

業者であれば専門的に効率良く対策を行ってくれますがコストがかかりますし確実に目標数値をクリアできる保証はありません。

その点、自力であれば今は知見がなくても少しずつ経験を積みながら運営が行えます。

SEO効果は長い目で見ておかなければならないため運営しながら自分も成長できるでしょう。

しかし闇雲に行っていても十分な効果は期待できないためポイントを押さえて対策を行わなければなりません。

今回はSEO対策とはなにか見ていきながら対策ポイントについて解説します。

今回のポイント
1.SEO対策のゴールは成果を達成すること
2.対策には内部と外部がある
3.クオリティの高いサイトを制作することが重要

 SEOとは検索エンジン最適化

「Search Engine Optimization」の略称で日本語では検索エンジン最適化と呼ばれています。

正しく対策を行えばGoogleなどから評価を得やすくなり、検索上位に表示されやすくなるでしょう。

 SEO対策のゴールは成果を達成すること

最終的なゴールはユーザーを集客させて商品購入や問い合わせなどにつなげて売上を増やすことです。

つまりSEO対策は成約につなげるための手段に過ぎないということは理解しておきこの点を踏まえて運営を行うようにしましょう。

 SEO対策はGoogleの対策

日本での検索エンジンのシェアはGoogleが70%を占めています。

次いでYahoo!Japanが約15%を占めていますがYahoo!検索はGoogleのアルゴリズムを使用しているため検索結果の上位表示を行うSEO対策はGoogleの対策といってよいでしょう。

 SEO対策は大きく分けて2種類

SEO対策には大きく分けて「内部対策」「外部対策」の対策方法があります。

ここではそれぞれの特徴について見ていきましょう。

 内部対策

SEOの内部対策で行う代表的な施策は次のようなものがあります。

・タグの最適化

・内部リンクを正しく設置する

・ページの表示速度に気を遣う

・モバイル対応を行っておく

他にも様々な施策がありますが上記は基本ですので必ず行っておきましょう。

 外部対策

外部対策でできることは被リンクです。

被リンクとは外部から自社のWebサイトへリンクが設置されることで「被リンク」が増えるほど良い評価をもらえるため上位に表示されやすいでしょう。

メリット

 SEOのメリット

SEOを行うメリットは大きく分けて次の3つがあります。

・ユーザーの検索エンジンからの流入数の上昇

・中長期的に少ないコストで継続的な集客ができる

・認知度の向上

・財産にできる

質を高めることができれば検索上位によって目に触れる頻度が増えるため認知度を向上させられる他、は質の高いコンテンツが集まった1つの財産であり自分の実績といえるでしょう。

 SEOのデメリット

デメリットは次の2つがあります。

・短期間では成果が出ない

・対策しているから必ず効果が出る保証はない

対策の効果は昨日行っていたからといって翌日出るものではなく検索順位の上昇と下降を繰り返しながら徐々に効果が表れるまで時間がかかります。

特に立ち上げ直後は評価もなくドメインパワーも備わっていないため効果が表れるまでに最短4ヶ月~遅い場合は1年以上かかる可能性があるためすぐに効果は期待できません。

このように短期間で成果が出ないのがSEOのデメリットといえるでしょう。

しかし効果がすぐに出ていないからといってあきらめるのではなく対策した後に日々経過観察しておくことが大切です。

すぐに検索流入を確保したい方は検索結果ページの上部と下部に掲載されているリスティング広告を活用するとよいですがコストがかかるため注意してください。

2つ目のデメリットが対策しているからといって効果が出る保証がありません。

例えば長い期間対策を行っていても全く効果が出ないという場合もあります。

ビッグキーワードというように競合他社がひしめき合っているキーワードで検索上位を狙っている場合いくら高品質なページにしても中々上位に表示されません。

競合が多いキーワードや対策の仕方が間違っている場合、ボリュームが薄いなどの場合はいくら質を高めても効果を得ることはできませんので根本的な見直しが必要です。

クオリティ

 クオリティの高さこそが1番のSEO対策

クオリティの高さこそが検索順位を上げる上では欠かせません。

例えば、知りたい情報が全て掲載されていてかつ関連する情報にアクセスできるように内部リンクがきれいに設置されていた利用やすいと思うでしょう。

クオリティが高く利用しやすければ自然と被リンクが集まるためGoogleから高いを評価得やすいでしょう。

閲覧しやすく利用しやすいサイトはクローラーもサイトを徘徊しやすくサイト情報を正確に収集できるため評価を上げやすいです。

高い評価を得ることができれば上位表示と認知度向上につながってアクセス数や成約率を高められます。

 SEO対策のポイント

ここではSEO対策においてどのようなポイントを押さえておくべきか紹介します。

それぞれの特徴について理解していきましょう。 

 キーワードをしっかりと選定する

前述のとおり効果的な対策を行った場合でも競合他社が多く参入しているビッグキーワードに食い込むのは一筋縄ではいきません。

全然効果が出ないと嘆かないためにもキーワードはしっかりと選定してください。

対策するキーワードをしっかりと選定しておくことで効率的に顧客を取り込みながら認知度を高めていくとよいでしょう。

戦略

 戦略を練る

サイト運営においては戦略を練ることも大切です。

SEOでの戦略を練る場合は次の4つを軸に考えてみてください。

・ペルソナ

・サイトのタイプ

・ドメイン

・目標

特にペルソナは性別や年齢層など顧客ターゲットを決める重要な項目です。

例えば同じ商品だったとしても性別はもちろん年齢によって効果的なアプローチの仕方が変わってしまうため慎重に設定するようにしましょう。

またネットショップやブログなどタイプによって違いあるため売りたい商品などによって適したタイプを選ぶことが大切です。

 ツールを活用する

SEO対策を効果的に行うためにツールを活用するとよいでしょう。

使用用途によって様々なツールがありますが検索順位チェックなど無料で利用できます。

まだ活用されていない場合はぜひ活用してください。

今日のまとめ

SEO対策の概要やポイントなどを解説しました。

SEOという言葉はWebマーケティングに携わっている方であれば一度は聞いたことがある言葉ですが日々ガイドラインや基準が入れ替わるため正確に現状のトレンドを把握していると方は少ないでしょう。

しかし対策には内部と外部の2つでありそれぞれ施策の内容や仕方が異なるためガイドラインや評価基準などに沿って行わなければなりません。

SEOの知見を深めて効果的な対策を行っていくことは大切ですが、検索順位を上げるためには利便性が高くクオリティの高いページを作成することです。

いくら知見を深めていたとしても利用者が満足できるものでなければ評価されないのはもちろんユーザーの直帰率も高めてしまいます。 これからはじめるという方はしっかりとポイントを理解して利便性を意識しながら効果的に運用を行ってください。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。