企業がTwitter活用する重要性とは?活用ポイントや事例などを紹介

様々なSNSが普及していますが拡散力やトレンドの生み出しやすさにおいてはTwitterに勝るものはありません。

そのため認知度のアップやブランディングのために多くの企業がTwitterを活用しており成功事例も多数です。

今回は企業がTwitterを活用する重要性やポイント、事例などを紹介します。

今回のポイント
1.ターゲットや活用目的を明確にして運用すれば拡散やトレンドを生み出しやすい
2.活用方法にはハッシュタグやプロモーション限定運用がある
3.上手く活用できない場合は成功事例を参考にしよう

企業がTwitter活用する重要性とは

企業のマーケティングにおいてTwitter活用は必須といわれるほど重要です。

ここでは企業がTwitter活用する重要性を「ユーザーとコミュニケーションを取りやすくブランディングしやすい」「拡散力がありトレンドを生み出しやすい」の2つに分けて紹介します。

ユーザーとコミュニケーションを取りやすくブランディングしやすい

TwitterはブランディングしやすいSNSとして有名です。

活用目的やSNS運用の最終目的によって企業ごとに異なるものの自社キャラクターを模したツイートやユーザーに役立つ情報を継続して発信すれば企業の認知度をアップさせてブランドイメージを確立できるでしょう。

またTwitterはコメントや返信、リツイート、いいね!などユーザーとコミュニケーションが取りやすいSNSです。

Twitterを活用すればユーザーの口コミなど感想や意見を収集しやすいためコミュニケーションを通じて商品やサービスの改善につなげやすく信頼度のアップに役立てられます。

ブランディング

拡散力がありトレンドを生み出しやすい

前述のとおりTwitterには様々な機能がありますが、いいね!やリツイートといった機能は情報が拡散されやすく、リアルタイム性が高いことからトレンドを生み出しやすいSNSです。

特に内容が気になったらユーザーが再投稿できるリツイート機能は興味を持たれれば爆発的に情報を拡散させることができ反響が大きい場合はニュースなどの別メディアにも取り上げられる可能性があります。

企業がTwitterを活用する際のポイント

マーケティングにTwitterを取り入れたとしてもただ闇雲に投稿しているだけでは十分な効果を得ることはできません。

ここでは企業がTwitterを活用する際のポイントを紹介します。

活用目的を明確にして戦略的に運用する

企業がTwitterを活用する上ではじめにしなければならないのは活用目的を明確にすることです。

ターゲット層はどこにするのか、どこをゴールにするのかを明確にした上で具体的な運用方法やコンセプトを決めて戦略的に活用しなければなりません。

ただ闇雲に投稿しているだけでは十分な成果は得られませんのでしっかりと設定・準備をした上でTwitterを活用しましょう。

整理

運用体制の整備

Twitterを上手に活用するためには運用体制を整備しなければなりません。

例えばプロモーションなどの情報解禁日なども加味して投稿スケジュールをあらかじめ作成しておけば画像や映像などあらかじめ準備できるため負担なく質の高い投稿が可能です。

また投稿用のフォーマットを作成しておけばフォーマットに沿って投稿が行えるのでイチから文章を考える手間が省けます。

特にTwitterの運用を兼任している場合は上手に運用できない場合が多いので継続的に質の高い投稿ができるよう運用体制を整備しておくことが大切です。

運用マニュアルを策定して炎上に備える

企業がTwitter活用する最大のリスクが炎上です。

一度炎上してしまうと顧客の信頼が失墜するだけでなく企業活動に大きな影響を与えてしまいます。

そのためTwitterを活用する場合は運用マニュアルを作成して炎上に備えておかなければなりません。

運用マニュアルを策定する場合は、炎上を起こさないようにするための運用や投稿の注意点と炎上してしまった際に被害を最小限に抑えるための対応方法をセットで考えておきましょう

ツールを用いてデータ分析を行う

Twitterアナリティクスと呼ばれるツールを用いてデータ分析を行うことも上手に活用するポイントです。

Twitterアナリティクスとはアカウントがあれば無料利用できるTwitterの分析ツールで投稿に関するインプレッションやいいね、リツイートなどの運用パフォーマンスを確認できます。

反響がよい投稿や反応が薄い投稿の傾向などが把握できるためこれらのデータを定期的に分析して今後の運用に活かすとよいでしょう。

分析

リアクションされやすい時間帯に投稿する

投稿を効率的に閲覧してもらうためにはリアクションされやすい時間帯に投稿する必要があります。

Twitterを閲覧する人数が多い時間帯は通勤時間の7~8時、休憩時間の確率が高い12~13時、そして帰宅時間の17~19時頃です。

発信した情報を効率よく発信するためにはこれらの時間帯を狙い撃ちするとよいでしょう。

その時間帯に就業していないという場合は予約ツイート機能を活用しておくと出社していなくても自動的に投稿できるのでおすすめです。

ただいくらリアクションされやすい時間帯といってもあまり多くの投稿してしまうと煩わしさをユーザーに与えてしまうので1日10投稿ぐらいに抑えておきましょう。

Twitterの活用方法

Twitterの活用方法は様々ですが代表的なものは大きく分けて2つあります。

1つ目がハッシュタグの活用です。

「#(ハッシュタグ)Twitter」と記載して投稿すると同じハッシュタグが付いた投稿をまとめて検索できるため

そのため自社の商品やサービスに関するキーワードでハッシュタグを付けておけばそのキーワードで検索したユーザーに自社アカウントを見つけてもらえるでしょう。

2つ目がプロモーション限定での活用です。

例えば新商品の販売やキャンペーン開催情報を発信することで見込みユーザーだけでなく過去利用していたユーザーに効果的な訴求が行えます。

例えば、アカウントフォローと特定のハッシュタグを付けてリツイートした人の中から抽選でプレゼントする企画を行えば効率的に情報を拡散できるでしょう。

サクセスストーリー

企業がTwitterを活用した事例

ここでは有名企業がTwitterを活用した事例を紹介します。

それぞれの特徴を理解して今後の運用に役立ててください。

キリンビール

キリンビールでは季節の行事やイベントにあわせた投稿や世間の流れにあわせた投稿でユーザーの共感を得る投稿を行っているのが特徴です。

近年ではnoteに掲載している開発担当社員のインタビューページと連携することで商品の認知アップにもつとめています。

https://twitter.com/Kirin_Brewery

無印良品

無印良品ではTwitterのリアルタイム性を活用してTwitter限定のタイムセール投稿を行っているのが特徴です。

「タイムセールなう」という投稿でTwitterでしかアクセスできないタイムセールを実施することで商品の販売につなげています。

https://twitter.com/muji_net

ローソン

ローソンでは新商品やおすすめ商品の投稿が主流ですがリアルタイム性が高く流れるのが早いタイムラインにおいて情報が埋もれないような投稿を意識しているのが特徴です。

https://twitter.com/akiko_lawson/

ユーザーの拡散力を高めたくなるようなTwitter専用の画像を準備して運用しているといわれています。

今回のまとめ

企業がTwitter活用する際のポイントや事例などを紹介しました。

Twitterはリアルタイム性が高く直感的にユーザーが操作できることからブランディングや情報の拡散がしやすいSNSです。

その気軽さからユーザーとコミュニケーション取りやすいのも大きな魅力となっています。

しかし閲覧時間や炎上対策など効果的かつ安全に活用するためにはポイントを押さえて運用しなければなりません。

活用方法に悩んでいるという場合は他企業の活用事例を参考にしながら自社にあった活用法を見つけていくとよいでしょう。

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。