Web集客の代表的な方法6選!ポイントやおすすめツールも紹介!

WebサイトやSNSで情報収集することが一般的になり、ユーザーの購買行動はオンライン化しています。

オンライン化にともなって、企業はインターネットを介したWeb集客に集中して取り組まなければなりません。

今回は、Web集客の代表的な方法やポイント、おすすめのツールを紹介します。

今回のポイント
1.Web集客はインターネットを介した集客方法
2.ターゲットを選定し、ターゲットに合ったWeb集客方法を選ぶことが大切
3.ツールを利用することでWeb集客の効果を検証しやすくなる

代表的なWeb集客の方法6つ

ここでは、代表的なWeb集客の方法を6つ紹介します。

それぞれの特徴を理解して、自社にあったWeb集客を行っていきましょう。

SEO・MEO対策

Webサイトで集客する際の代表的な方法がSEO対策です。

SEOとは検索エンジン最適化という意味であり、Googleの検索結果において上位表示を目指すためにWebサイトに行う対策の総称をいいます。

検索結果の上位表示が実現すれば、キーワード検索した多くの方の目に触れるようになるため、Webサイトでの集客率を高められるでしょう。

SEO対策に近いものとしては近年、MEO対策も重視されつつあります。

MEO対策とはGoogleマイビジネスを活用して、Googleマップに自社情報を上位表示させる施策です。

例えば、「新宿 ラーメン」と検索すると、新宿界隈のラーメン屋がGoogleマップ上に表示されるようになりましたが、Googleマップの一覧に上位表示させることをMEO対策といいます。

特定地域での実店舗やローカルビジネス集客に向いており、飲食店などの来店型ビジネスにおいては欠かせない集客方法の1つといえるでしょう。

SNS

Web集客方法として重視されているのが、SNSです。

SNSの利用者数は約7,900万人と総人口の8割にものぼっており、上手に活用すれば効果的なWeb集客が行えるだけでなく、企業ブランディングにもつながります。

SNSの利用自体は無料ですので、他のWeb集客方法と比べてコストを抑えることができるのも大きな特徴です。

ネット広告

幅広くWeb集客する際におすすめなのがネット広告で、下記のような種類があります。

・リスティング広告

・ディスプレイ広告

・SNS広告

リスティング広告とは検索連動広告ともいわれ、Googleでキーワード検索した際に、検索結果の上位に表示されるネット広告、ディスプレイ広告はWebサイトやアプリに掲載されているネット広告です。

SNS広告はSNSに表示される広告であり、利用者数の多いSNSに掲載することで、集客率アップが期待できます。

アカウント運用と併用するかたちで、SNS広告を活用するとよいでしょう。

メール配信

メール配信によってWeb集客する方法もあります。

Web集客のメール配信には、ダイレクトメール(DM)やメールマガジン(メルマガ)などがあり、複数人に一斉送信できますので、効果的な情報発信が可能です。

SNSやWebサイトでのWeb集客が主流となりつつありますが、販売・来店促進や見込み顧客の育成にはメール配信が欠かせません。

近年、高い開封率を見込めるとして、アプリのプッシュ通知や、LINEのリッチメッセージを活用する企業も増えています。

アフィリエイト

ネット広告に近いものですが、アフィリエイトを活用してWeb集客する方法もあります。

アフィリエイトとはアフィリエイト広告ともいわれ、ブロガーなどに商品やサービスを紹介・広告掲載してもらい、アフィリエイト広告経由で商品購入やサービスの契約をしてもらう集客方法です。

紹介するブロガーが増えれば、多くのWebサイトやブログにてWeb集客が行えます。

SNS

Web集客とは?

Web集客とはネット集客ともいわれ、インターネットのWeb媒体を活用する集客方法です。

インターネットを介して集客すれば、低コストで世界中の人に情報発信が行えます。

優良・一般顧客へのアプローチはもちろん、企業ブランディング効果や見込み顧客の育成なども行えることから、費用対効果の高い集客方法といえるでしょう。

Web集客のポイント

効果の高いWeb集客を行うためには、いくつかのポイントを押さえておかなければなりません。

ポイントは集客方法で様々ありますが、最低限押さえておくべきポイントは次のとおりです。

・ゴールの明確化

Web集客のゴールをどこにするか明確にすることが大切です。

前述のとおり、Web集客には様々な方法がありますが、集客目的が曖昧だと最適な方法を選択できず十分な効果は得られないでしょう。

以上の点から、ゴールの明確化はWeb集客に欠かせません。

・ターゲット選定

ゴールが明確化したら、Web集客するターゲットを選定します。

例えば、自社の商品が若い女性向けだったしましょう。

この場合、ターゲットは10~30代前半の女性に絞り、SNSは若い女性の利用率が多いInstagramを利用すると効果的なWeb集客を行うのが効果的です。

ターゲットを選定しておくことで、よりターゲットのニーズに合った集客を行えます。

万が一、ターゲット選定に悩んでいる場合は、顧客化できる見込みのありそうな層に注力するとよいでしょう。

・自社の強みを理解する

競合と自社を比較分析して、自社にしかない強みを理解しておくことも大切です。

自社の強みを理解しておけば、競合との差別化を図りながら情報発信ができます。

自社の強みを押し出したWeb集客を行ってみてください。

・検証と改善

集客した後、どのように顧客化していくか仕組みを作ることも大切ですが、仕組み化後も継続した検証と改善が必要です。

集客率や成約率、訪問したユーザーの行動など、効果を検証しながら、必要に応じて改善を行うようにしましょう。

おすすめのWeb集客ツール3選

様々なWeb集客ツールがありますが、ここではWeb集客の効率を高めてくれるツールを3つ紹介します。

Web集客の効果を高めたい場合は、導入を検討してみてください。

MAツール

MA(マーケティング・オートメーション)ツールを活用することで、効果的にWeb集客を手助けしてくれます。

MAツールとは、顧客の情報管理やメルマガ配信などの1部マーケティング業務を自動化してくれるITツールです。

MAツールを導入すれば、Web集客の業務効率化やコスト削減につながります。

業務効率化やコスト削減によって余裕が生まれれば、新しいWeb集客方法の導入やWeb集客の予算を増やすことも可能となるでしょう。

分析ツール

代表的な分析ツールとしては、Webサイトやランディングページなどのユーザー訪問者数やクリック率、ユーザー行動履歴などのユーザーデータを収集できるWeb解析ツールが挙げられます。

ツールによっては性別や年代、サイトを閲覧している端末の割合なども確認できますので、これらのデータを分析しながら効果的に仕組みや運用方法を改善できるでしょう。

ただ、Web解析ツール以外にも様々な分析ツールがありますので、自社に必要なデータを収集できるツールを導入してください。

SEOツール

Webサイトが検索結果上位表示されるように評価や修正を行ってくれるのが、SEOツールです。

ページごとの検索順位も確認することができるため、効率よくSEO対策することができます。

Web集客やコンテンツマーケティングには欠かせないツールです。

まとめ

 Web集客の代表的な方法とポイント、おすすめツールを紹介しました。

インターネットで情報収集してから購入するようになった現代において、Web集客は企業が最優先で取り組まなければなりません。

しかし、WebサイトやSNS、ネット広告など、ツールや方法が多様化したことによって、上手に運用することが難しくなってきています。

質の高いWeb集客を効率敵に行いたい場合は、ターゲットを絞ったうえで集客方法を選定し、Web集客ツールを活用してユーザーデータを収集することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です